自分が興味のある学会に参加してみる

勤続年数が長くなってくるとだんだんと看護師として働くのがルーチンとなってきて漠然と毎日を過ごしてしまいがちです。確かに働いて給料はもらっているものの、何だか張り合いがないという印象を受けて看護師を辞めようかと考える人もいます。ある程度のスキルが身について、現場慣れしてしまうと陥ってしまうことが多い状況ですが、ここで自分を奮い立たせられるかどうかが働き続けられるかどうかを大きく分けることになるでしょう。

やる気を出すためのきっかけ作りとして、看護系の学会に参加してみましょう。看護系の学会は全国規模のものから、地域限定の小さなものまで規模は様々です。分野も医療全般に広がるものから、特定の診療領域の看護に特化したものまであります。

まずはその中から、自分が興味を持てそうな看護系の学会を選んで足を運んでみると、良い刺激を受けられるでしょう。参加した医療領域での最先端の研究成果について、基礎研究から臨床研究に至るまで幅広い知識を得ることが出来ます。

またセミナー会場や懇親会の会場では、別の職場で働いている看護師との交流を行うことが出来ます。会話を通して普段の仕事に対する考え方の違いや、仕事内容の違いを知ると、また良い刺激となるでしょう。

やる気を失ってしまっているのはルーチン化が起こってしまっているからであり、非日常的な場所に足を運ぶのが賢明な対策です。看護系の学会に参加してみると再び仕事にやる気を出すきっかけになります。またそこで得られた知識を仕事にも活かすことが出来て、一石二鳥になります。